よくある質問 IRご担当者様へ JI定期読者のメールアドレス登録申請

ジャパニーズインベスターの記事をネットで配信、投資家ネット

ジャパニーズインベスターの記事をネットで配信、投資家ネット

2017/08/13 12:14

旧日本軍は強姦被害女性出さない為、慰安所設置

 韓国・聯合ニュースは11日、「韓国の国家機関、国史編纂委員会は11日、日本による植民地支配時代に日本軍が慰安所の設立と管理に関与したことを示す4点の史料を公開した。史料は米国立公文書記録管理局(NARA)で見つかった」と報じ、「国史編纂委員会の関係者は『旧日本軍が慰安所の設立と管理に直接関与しなかったという日本政府の主張を覆す文献だ』と強調した」と伝えた。

 文献内容では「強姦を防止するため、軍は占領後に直ちに、許可された公用の慰安所を設立した」と記されているとし「1944年4月29日にインドネシア・マランで逮捕された日本の軍人は『軍の管轄区域内に慰安所7カ所が設立された。朝鮮人と日本人、インドネシア人など約150人の女性がいた』と述べた」としているが、報じられた記事では慰安婦が日本軍の強制による調達だったかどうかには触れていない。

 一方で、旧日本軍が慰安所設置を直ちに占領地で実施したのは、占領に伴い、強姦などの被害女性を出さないためであったことは確かなようだ。(編集担当:森高龍二)

ページTOPへ