よくある質問 IRご担当者様へ JI定期読者のメールアドレス登録申請

ジャパニーズインベスターの記事をネットで配信、投資家ネット

ジャパニーズインベスターの記事をネットで配信、投資家ネット

  • HOME
  • ニュース一覧
  • ルノー・日産・三菱自が、ベンチャーキャピタルファンド設立。5年で10億ドル投資
2018/01/12 06:28

ルノー・日産・三菱自が、ベンチャーキャピタルファンド設立。5年で10億ドル投資

ルノー・日産・三菱自が、ベンチャーキャピタルファンド設立。5年で10億ドル投資

ルノー・日産・三菱自アライアンスの会長兼CEOであるカルロス・ゴーン氏が5年で10億ドル投資する新ファンドの設立を発表した

 ルノー・日産・三菱自アライアンスは、1月9日、オープンイノベーションを支援する企業ベンチャーキャピタルファンド「アライアンス・ベンチャーズ(Alliance Ventures)」を設立し、今後5年間で最大10億ドルを投資すると発表した。

 初年度、このファンドは、クルマの電動化、自動運転システム、コネクティビティ、人工知能などの新たなモビリティに焦点を当てている新興企業や、技術起業家が参加するオープンイノベーションのパートナーシップを対象に、最大2億ドルを投資する予定だ。

 その後も毎年投資を実施し、Alliance Venturesは昨年発表した戦略的中期計画「アライアンス2022」の期間中、自動車業界で最大の企業ベンチャーキャピタルとなることを目指す。

 アライアンスの会長兼CEOであるカルロス・ゴーン氏は、「このオープンイノベーションに対する取り組みにより、我々はアライアンスのグローバルなスケールメリットを生かしながら、新興企業や技術起業家に投資し、協業することが可能となります。このファンドはまさにアライアンスの核である協働の精神と起業家のマインドセットを反映したもの」と会見で語った。

 ルノー・日産・三菱自アライアンスは2017年、10のブランドで1000万台以上の新車を販売し、世界の主要な自動車市場のすべてで事業を展開している。Alliance Venturesの特徴は、アライアンスが持っているグローバルな規模とスコープの広さを、潜在的パートナーに対して提供することにある。

 Alliance Ventures は新興企業に投資することにより、財務リターンを確保しつつ、新技術や新ビジネスを取り入れることが可能で、新規事業の立ち上げにおけるあらゆる段階で戦略的な投資を行ない、新たな自動車関連起業家の輩出や新規のパートナーシップを創出するとしている。

 Alliance Ventures の最初の投資先は、コバルトフリーの全固体電池素材を開発する米国企業のIonic Materials社。Ionic Materials社の株式取得は、研究開発協力を目的とした同社とアライアンスの共同開発契約の締結時に実施。Ionic Materials社はマサチューセッツ州を拠点に自動車および多様な用途に使われる高密度エネルギーバッテリーの性能およびコスト競争力向上を可能とする固体高分子電解質を開発している企業だ。

 このような投資を行なうことで、Alliance Venturesはアライアンスのメンバーが将来使用する可能性がある新技術の特定と開発の後押しをします。こうした取り組みはルノー、日産、三菱自3社の協業を強化し、2022年末までに年間100億ユーロ以上のシナジー創出を目指す戦略的中期計画「アライアンス2022」の目標達成を支える。

 同ベンチャーキャピタルへの最初の2億ドルの投資は、年間85億ユーロを超えるアライアンスの研究開発費とは別枠で実施する。

 この投資活動はアライアンスの戦略を補完するもので、クルマの電動化、自動運転システム、コネクティビティなどの分野での収益増、コスト削減を目指す。

 ルノー、日産自動車はそれぞれ40%、三菱自動車は20%を新ファンドに共同出資し、投資判断や業績管理を行う専門の投資委員会を設置する予定。

 中期計画「アライアンス2022」において、ルノー、日産、三菱自は、3社合計年間販売台数を1400万台以上とし、売上高は2400億ドルと見込んでいる。(編集担当:吉田恒)

ネットで招集 ページTOPへ