よくある質問 IRご担当者様へ JI定期読者のメールアドレス登録申請

ジャパニーズインベスターの記事をネットで配信、投資家ネット

ジャパニーズインベスターの記事をネットで配信、投資家ネット

  • HOME
  • ニュース一覧
  • レクサス、量産車初デジタルアウターミラー採用、新型「LEXUS ES」に搭載
2018/09/13 07:32

レクサス、量産車初デジタルアウターミラー採用、新型「LEXUS ES」に搭載

レクサス、量産車初デジタルアウターミラー採用、新型「LEXUS ES」に搭載

新型「LEXUS ES」に搭載するデジタルアウターミラー。サイドウインドウが雨滴で濡れた場合でも、ディスプレイを室内に搭載することで、天候の影響を受けにくい良好な視界を確保する

レクサスは今秋10月下旬に発売を予定している新型「LEXUS ES」に、量産車として世界で初めてデジタルアウターミラー(ドアミラー)を採用すると発表した。

デジタルアウターミラーは、車両のフロントドア外側のカメラで撮影した車両左右後方の映像を、フロントAピラー部内側に設置された5インチディスプレイに表示。従来の光学式ドアミラーに比べてドライバーの視線移動を減少させ、かつアウターユニットを小型化カメラに置き換えることで、斜め前方の視界も拡大するとともに、風切音低減による高い静粛性を実現している。

また、カメラ部を雨滴が付着しにくい形状としたほか、カメラレンズ部にヒーターを内蔵しているので霧などが付着した場合でも曇りを解消した良好な視界が得られる。サイドウインドウが雨滴で濡れた場合でも、ディスプレイを室内に搭載することで、天候の影響を受けにくい優れた視認性を確保することにもなる。

さらに、ウインカー操作、トランスミッションのリバース操作と連動させ、表示エリアを自動的に画角拡大するほか、ドライバーの操作で任意に表示エリアを広げることも可能とし、運転状況に応じた周辺確認支援を実現した。

夜間のドライブなどでも自動的に明るさを調節して視界を確保することができる。(編集担当:吉田恒)

ネットで招集 ページTOPへ