よくある質問 IRご担当者様へ JI定期読者のメールアドレス登録申請

ジャパニーズインベスターの記事をネットで配信、投資家ネット

ジャパニーズインベスターの記事をネットで配信、投資家ネット

  • HOME
  • ニュース一覧
  • シリーズで最もパワフルなポルシェ・カイエンのプラグインハイブリッド登場
2019/08/13 17:31

シリーズで最もパワフルなポルシェ・カイエンのプラグインハイブリッド登場

シリーズで最もパワフルなポルシェ・カイエンのプラグインハイブリッド登場

カイエンのラインアップに加わった最上級となる「カイエンターボSEハイブリッド」(右)と「カイエンターボSEハイブリッドクーペ」

 ポルシェAGは車両電動化を積極的に推し進めている。今回、パナメーラシリーズに続いて、カイエンシリーズにおいてもトップエンドとしてプラグインハイブリッドモデルの「カイエンターボSEハイブリッド」と「カイエンターボSEハイブリッドクーペ」をラインアップに加えた。

 4リッターV8エンジン404kW(550ps)と電気モーター100kW(136ps)のハイブリッド総合出力は500kW(680ps)で、8速ティプトロニックSトランスミッションを組み合わせる。このシステムは、アイドル回転数をわずかに超えた回転域から900Nmの最大トルクを得られる。両モデルとも、制止状態から100km/hまでを3.8秒で加速し、最高速度は295km/hに達する。

 高水準の効率も獲得したハイブリッドシステム搭載の新型2台は、ゼロエミッションで最大40kmの航続ができ、電気モーターだけの電動ドライブモード走行で最高速度135km/hに達する。平均消費量(NEDC)は、3.9〜3.7リッター/100km(燃料)、および19.6〜18.7kWh/100km(電力)に達する。

 カイエンターボSEハイブリッドモデルは、V8エンジンと8速ティプトロニックSトランスミッションの間に電気モーターが配置されており、2つのモーターがエレクトリッククラッチアクチュエータ(ECA)と呼ばれるハイブリッドモジュール内の分離クラッチを介して相互接続されている。

 また、標準装備となるスポーツクロノパッケージは、ハイブリッドオート、スポーツ、スポーツプラスの各モードを選択できる。ブーストストラテジーは、スーパースポーツカーの918スパイダーから採用されたシステムだ。

 ラゲッジフロアに設置された容量14.1kWhのリチウムイオンバッテリーはポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)またはPorsche Connectアプリ(スマートフォンおよびApple Watch用)を介して充電を計画できる。

 ラインアップに加わった2台の新型は、広範なメーカー標準装備が用意されている。これら装備には、ポルシェ・ダイナミックシャシーコントロールシステム(PDCC)電気機械式ロール抑制システム、ポルシェ・トルクベクトリングプラス(PTV Plus)リアディファレンシャルロック、ポルシェ・セラミックコンポジットブレーキ(PCCB)高性能ブレーキシステム、エクステリアカラー同色仕上げのホイールアーチエクステンションを含む21インチエアロデザイン軽合金製ホイール、パワーステアリングプラス、そしてスポーツクロノパッケージが含まれる。

 ポルシェ・アクティブサスペンションマネージメントシステム(PASM)を含むアダプティブ3チャンバーエアサスペンションは、幅広いドライビングダイナミクスと快適な乗り心地を提供する。オプションで22インチまでの軽合金製ホイールとリアアクスルステアリングも選択することも可能だ。

 新型2台の日本での展開、価格などについてアナウンスは無い。(編集担当:吉田恒)

ネットで招集 ページTOPへ