よくある質問 IRご担当者様へ JI定期読者のメールアドレス登録申請

ジャパニーズインベスターの記事をネットで配信、投資家ネット

ジャパニーズインベスターの記事をネットで配信、投資家ネット

  • HOME
  • ニュース一覧
  • アウディ、フランクフルトで5シータースポーツ「Audi RS 7 Sportback」を初公開
2019/09/11 06:44

アウディ、フランクフルトで5シータースポーツ「Audi RS 7 Sportback」を初公開

アウディ、フランクフルトで5シータースポーツ「Audi RS 7 Sportback」を初公開

フランクフルトショーでワールドプレミアしたアウディの4ドアクーペ新型「Audi RS 7 Sportback」、本年中に欧州発売される

 2019年9月10日、Audi Sport GmbHはフランクフルトモーターショーで、ワイドボディを備えた5シーターモデル、Audi RS 7 Sportbackを初公開した。マイルドハイブリッドシステムが搭載され、パフォーマンスと効率がさらに改善したニューモデルだ。

 Audi RS 7 Sportbackは、5ドアのハイパフォーマンスクーペとグランドツアラーデザインを組み合わせたハイパフォーマンスモデルだ。

 新型Audi RS 7 Sportbackに搭載される4.0 TFSIエンジンは、441kW(600hp)の最高出力を発生。800Nmの最大トルクは2050〜4500rpmの幅広い回転域で発生する。0~100km/h加速はわずか3.6秒を達成した。最高速度は電子的に250km/hに制限されるが、ダイナミックパッケージを選択するとは280km/hに、ダイナミックプラスパッケージでは305km/hに変更できる。

 搭載する4.0 TFSIは、48Vの主電源システムを備えたマイルドハイブリッドシステム(MHEV)により、最大のパフォーマンスと高い効率を兼ね備えた。ベルト駆動式オルタネータースターターは、減速時に最大12kWの電力を回生し、リチウムイオンバッテリーに供給する。55〜160km/hの速度範囲でドライバーがアクセルペダルから足を離すと、ドライブマネージメントシステムは、2つのオプションのいずれかを選択。

 運転状況とアウディドライブセレクトの設定に応じて、新型Audi RS 7 Sportbackは、エネルギーを回生するか、エンジンを停止した状態でコースティング(惰性走行)を行うかを決定するのだ。コースティング状態からドライバーが再びアクセルを踏むと、ベルト駆動式オルタネータースターターが瞬時にエンジンを再始動する。22km/h未満の速度でアイドリングストップ機能を作動させることが可能になり、停止後に前方車両が動き始めると、たとえブレーキペダルを踏んでいても、エンジンは始動する。

 標準装備のダンパーコントロール付きRSアダプティブエアサスペンションは、新型Audi RS 7 Sportback専用にチューニングされ、スプリングレートを50%高めた新しいエアスプリングモジュールによって、305km/hの最高速度を可能にした。

 スポーツエアサスペンションは3つのモードに設定可能で、自動車高調整機能が含まれる。新型Audi RS 7 Sportbackの車高(ノーマル時)は、標準仕様のサスペンションを備えたAudi A7 Sportbackよりも20mm低く設定されています。速度が120km/hを超えると、車高はさらに10mm低下。必要に応じて、車高を20mm上昇させることのできるリフトモードも用意する。これらによって、長距離ドライブの快適性重視から、パフォーマンス重視まで、幅広い乗り心地の設定を実現した。

 新型Audi RS 7 Sportbackは、10スポークスターデザインの21インチ鋳造アルミホイールと275/35R21タイヤを標準装備し、オプションで22インチ5Vスポークデザインと285/30R22タイヤの組み合わせも用意する。

 Audi RS 7 Sportbackは本年末より、ドイツおよび欧州で発売開始の予定だ。(編集担当:吉田恒)

ネットで招集 ページTOPへ