よくある質問 IRご担当者様へ JI定期読者のメールアドレス登録申請

ジャパニーズインベスターの記事をネットで配信、投資家ネット

ジャパニーズインベスターの記事をネットで配信、投資家ネット

  • HOME
  • ニュース一覧
  • ポルシェ、718モデルのシリーズに“Tモデル”追加、受注受付開始
2020/06/28 09:30

ポルシェ、718モデルのシリーズに“Tモデル”追加、受注受付開始

ポルシェ、718モデルのシリーズに“Tモデル”追加、受注受付開始

ポルシェ718シリーズにピュアなスポーツグレード「718ケイマンT」「718ボクスターT」が加わる、718ケイマンTが893.2万円、718ボクスターTが932.2万円

 ポルシェ・ジャパンは、718モデルレンジにおいて最も純粋なドライビングプレジャーを表現する2つのニューモデル、「新型718ケイマンT」と「新型718ボクスターT」の受注を開始した。

 追加されたのは1968年に登場した911 Tモデルの伝統を継ぐツーシータースポーツ、「718ケイマンT」と「718ボクスターT」、この2台は最高出力220kW(300PS)の水平対向4気筒ターボエンジンによって、非常にエモーショナルなドライビングエクスペリエンスを実現。718Tモデルは20インチ軽合金製ホイール、車高が20mm低いPASMスポーツシャシーとスポーツクロノパッケージを含む広範な装備によって強化されている。718Tは機械式リアディファレンシャルロックを含むポルシェ・トルクベクトリングとデュアルクラッチのポルシェドッペルクップルング(PDK)が標準装備だ。

 伝統的に“T”は「ツーリング」の略で、インテリアは718 Tの特徴が適度にスポーティに強調されている。360mm径のモードスイッチ付GTステアリングホイールは、贅沢なパッドとレザーカバーによって安全なグリップを提供。メーターのブラックの文字盤を“Boxster T”または“Cayman T”のロゴが飾られ、メータパネルとセンターコンソールのデコレーティブトリムは、グロスブラック仕上げだ。

 最高出力220kW(300PS)の2.0リッター水平対向4気筒ターボエンジンは、7500rpmの最高回転数に達し、2150rpmの回転域から最大トルク380Nmを発生する。車重は1380kgと軽量に仕上がり、0-100km/h加速は4.7秒。最高速度は275km/hに達する。

 標準装備されるスポ-ツクロノパッケージは、ステアリングホイールのモードスイッチを使用して、ノーマル、スポーツ、スポーツプラス、インディビジュアルの各ドライビングモードを選択でき、スポーツとスポーツプラスを選択すると、エンジンマネジメントシステムがスポーティな特性に設定される。スポーツプラスは、ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)、ポルシェアクティブドライブトレインマウント(PADM)およびPDKをよりスポーティに設定し、718 Tのハンドリングをさらに強化する。

 718 Tの特徴的な機能のひとつがダイナミックギアボックスマウントのPADMシステムだ。エンジンとギアボックスエリアの振動を最小限に抑え、ドライビングダイナミクスを妨げるドライブトレインの重量による動きを低減。荷重移動や高速コーナリング中の走行挙動の精度と安定性を大幅に向上させ、荒れた路面でも快適な走行が可能となる。

 今回追加となった718 Tの価格は、718ケイマンTが893.2万円、718ボクスターTが932.2万円で、ハンドル位置は左右いずれも選択できる。(編集担当:吉田恒)

ネットで招集 ページTOPへ