よくある質問 IRご担当者様へ JI定期読者のメールアドレス登録申請

ジャパニーズインベスターの記事をネットで配信、投資家ネット

ジャパニーズインベスターの記事をネットで配信、投資家ネット

  • HOME
  • ニュース一覧
  • 2021WEC緒戦「スパ6時間」でトヨタの新型ハイパーカー「GR010 HYBRID」優勝
2021/05/05 09:08

2021WEC緒戦「スパ6時間」でトヨタの新型ハイパーカー「GR010 HYBRID」優勝

2021WEC緒戦「スパ6時間」でトヨタの新型ハイパーカー「GR010 HYBRID」優勝

TOYOTA GAZOO Racingが2021WEC緒戦に投入した新型ハイパーカー「GR010 HYBRID」、写真は優勝を飾ったセバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレー組の8号車

 5月1日、ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットで2021年シーズンFIA世界耐久選手権(WEC)開幕戦「スパ6時間」の決勝レースで、TOYOTA GAZOO Racingの新型ハイパーカー「GR010 HYBRID」8号車がデビュー戦初勝利を飾った。7号車は3位で6時間を走り抜き、2台揃っての表彰台獲得を果たした。

 GR010 HYBRID 8号車のセバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレーは、6時間を非常に僅差のなかドラマチックな首位争いを展開。最後は2位のアルピーヌ36号車からの猛追を凌ぎ、ハイパーカー時代初レースの勝者として歴史に名を残すこになった。

 新時代ハイパーマシーン時代の開幕戦は、随所でドラマチックなバトルが展開されるレースだった。WECのディフェンディング・チャンピオンであるマイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスがドライブしたGR010 HYBRID 7号車は、数々のトラブル抱えながら勝負強さを発揮し、3位でチェッカーを受けた。

 この勝利により、TOYOTA GAZOO RacingはWECのスパ戦で5連覇を達成。3年連続での世界チャンピオン獲得を目指す。

 午後1時半、快晴のスパ・フランコルシャンでWEC新時代開幕戦のグリーンフラッグが振られました。ポールポジションの7号車コンウェイは出場車両31台の先頭を切ってスタート。そのすぐ後にブエミの8号車が続く。8号車は11周目に首位に浮上。2台のGR010 HYBRIDが首位を争う後方に、ライバルのアルピーヌ36号車が離れることなく追走した。

 最初のピットストップで早くもドラマが起こりました。先にピットインしたコンウェイの7号車はピットアウト時に手間取りタイムロス。次いで翌周、8号車がピットイン。
 8号車はこのピット作業でペナルティを犯し、次のピットストップ時に30秒間の延長ペナルティを科されることとなった。

 ハイパーカークラスの激しいバトルは続き、更なるドラマが待ち受けます。猛追を続けていた7号車のロペスが、GTクラスの車両と接触し、車両前部にダメージを負う。この7号車を引き継いだ小林は、レースが残り2時間を切ったところでコースオフを喫し、グラベルエリアでストップ。7号車はオフィシャルの車両に引き出され、レースへと復帰しましたが、3位へと順位を落とした。

 ハートレーから8号車を引きついた中嶋が首位の36号車との差を詰めていく。最後の給油ピットストップで、8号車はブエミへと交代。終盤も着実な走りで2位36号車との差を守り切り、1分7秒196差でトップチェッカー。7号車は1周遅れの3位で終えた。

 TOYOTA GR010 HYBRIDの勝利により幕を開けたハイパーカーによるWEC、次戦は6月、WEC初開催となるポルトガルで「ポルティマオ8時間」レースとして行われる。(編集担当:吉田恒)

ネットで招集 ページTOPへ