よくある質問 IRご担当者様へ JI定期読者のメールアドレス登録申請

ジャパニーズインベスターの記事をネットで配信、投資家ネット

ジャパニーズインベスターの記事をネットで配信、投資家ネット

  • HOME
  • プレスリリース一覧
  • ユビキタスAIコーポレーションとDeeplite社が販売代理店契約を締結、DNNモデル自動最適化・圧縮ソフトウェア「Neutrino(TM)」を1月13日(水)に提供開始
2021/01/13 15:00

ユビキタスAIコーポレーションとDeeplite社が販売代理店契約を締結、DNNモデル自動最適化・圧縮ソフトウェア「Neutrino(TM)」を1月13日(水)に提供開始

ユビキタスAIコーポレーションとDeeplite社が販売代理店契約を締結、DNNモデル自動最適化・圧縮ソフトウェア「Neutrino(TM)」を1月13日(水)に提供開始

「Neutrino(TM)」使用イメージ

株式会社ユビキタスAIコーポレーション(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長谷川 聡、以下「ユビキタスAIコーポレーション」)とDeeplite Inc.(本社:カナダ、CEO:Nick Romano、以下「Deeplite社」)は、Deeplite社が開発したディープラーニング(DNN)モデル自動最適化・圧縮ソフトウェア「Neutrino(TM)」を2021年1月13日(水)に販売開始したことを発表します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/242709/LL_img_242709_1.jpg
「Neutrino(TM)」使用イメージ


■ディープラーニング開発を取り巻く環境
機械学習やディープラーニングに関わるAI開発や研究は、日々進んでいます。一方で、人材不足、コンピューターといったハードウェアコスト、実用化へ向けたシステムの汎用性など、さまざまな問題が存在しています。

従来から、モデルの最適化には煩雑な試行錯誤が必要であり、膨大な時間と人的コスト、コンピューティングリソースが必要とされています。加えて、IoT/エッジ機器向けのAIアプリケーション開発では、精度を保ったままのDNNモデルの最適化や低消費電力など、さらに多くの要求が発生し、エッジAI開発の大きな課題となっています。


■DNNモデルをオンプレミス環境で自動最適化し、開発効率を改善
「Neutrino(TM)」は、オンプレミス環境で使用でき、かつ簡単な操作で自動的にDNNモデルを最適化できます。顧客企業は、自社が持つDNNモデルとデータセットを「Neutrino(TM)」に設定し、コマンドを一つ実行するだけで、「Neutrino(TM)」が自動的に最適化したDNNモデルを生成します。

最適化されたDNNモデルは、元の精度を保ったまま劇的に圧縮されるため、これまで大きな負担となっていた精度の維持と最適化のバランスをとるための試行錯誤が不要となり、ディープラーニング開発に必要となる期間が大きく短縮できます。これによって、通常6か月程度かかる工程を数日に短縮できたケースもあります。入出力のDNNモデルは、PyTorch等の汎用的なフレームワークを利用するため、最適化後のモデルがIoT/エッジ機器に組み込みやすく、AIアプリケーションの実現が容易になります。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/242709/LL_img_242709_2.jpg
「Neutrino(TM)」使用時の圧縮率


■Neutrino(TM)の概要
名称 : Neutrino(TM)
販売開始日 : 2021年1月13日(水)
製品ページURL: https://www.ubiquitous-ai.com/products/neutrino/
※価格などの詳細については、お問い合わせください。

<Neutrino(TM)の主な特長>
・DNNモデルをオンプレミス環境で自動的に最適化
トレーニング済みのDNNモデルとデータセットを設定するだけで、AIエンジンが自動的に精度(正解率)を保ったまま最適化を実行するため、開発コストの大幅な削減を実現します。また、オンプレミス環境用のため、自社内で使用が可能です。

・優れた圧縮率
圧縮率が非常に高く、限られたリソースしかないIoT/エッジ機器などに搭載された256KBのチップメモリ上でもAIアプリケーションが実現できます。

・簡単インストール、シンプルな操作
Neutrino(TM)は、簡単な手順でインストールできます。インストール後は、必要なパラメータを設定して実行するだけで、自動的に最適化したモデルを出力します。


■Neutrino(TM)の今後の展開
現在、PyTorchフレームワークのみに対応していますが、2021年夏を目途とし、TensorFlowフレームワークに対応する予定です。また、2021年末までには、機器組込み時にAIアプリケーション用のフレームワークが無くてもAIアプリケーションが実現できる「Deeplite Runtime(DLRT)」の提供を開始する予定です。


Deeplite社 CEO Nick Romano氏のコメント
「Deeplite社のミッションは、“AI for Everyday Life”です。経営理念は、Society 5.0の目的と同様、人、モノ、テクノロジーに価値と利益をもたらす意味のあるAIアプリケーションを可能な限り多く実現することです。私たちは、最適化ソフトウェアNeutrino(TM)による日本での事業の進展に非常に興奮しており、ユビキタスAIコーポレーションとのパートナーシップが、私たちの成長計画を加速させるものと確信します。」


株式会社ユビキタスAIコーポレーション 代表取締役社長 長谷川 聡氏のコメント
「すでに世界中で幅広い実績を持つDeeplite社の技術をお届けすることで、顧客企業の新たな価値創造に貢献できることを嬉しく思います。ユビキタスAIコーポレーションでは、これまで組込み業界の顧客企業に対して世界中の最先端技術を紹介してまいりました。なかでもDeeplite社は、ディープラーニングのモデルの最適化のみに特化し、そのソフトウェアはシンプルで使い易いという強みを持っています。Neutrino(TM)をお届けすることで、AIアプリケーション活用が可能な組込み機器の開発を行う日本企業に貢献いたします。」


ユビキタスAIコーポレーションは、これからも高品質で世界最先端のソフトウェアを日本の企業に数多く提供すると同時に、日本語での技術サポートなどによって、日本の顧客企業が行う価値創造を支援してまいります。


■Deeplite Inc.について
Deeplite社は、2019年に設立したカナダ・モントリオールを本社とする、DNNモデルの最適化ソフトウェアを提供する会社です。「より毎日の暮らしにAIを、そしてより小さく、早く、より効率的に」をモットーにAIアプリケーションの実現を目指しています。
本社所在地: 355 Peel St. Suite 203 Montreal, Quebec H3C 2G9, CANDA
URL : https://www.deeplite.ai/


■株式会社ユビキタスAIコーポレーション(証券コード:3858)について
ユビキタスAIコーポレーションは、組込み機器開発に必要とされるソフトウェアを中心とした自社開発製品および海外メーカー製品の販売・サービス提供を行う企業です。標準規格に準拠した製品から、最先端の製品まで、豊富な製品・サービスラインアップと開発プロジェクトを支援するエンジニアリングサービスを提供しています。高度な技術開発力と専門知識で「お客様」、「社会」のより良い未来に貢献します。
本社所在地: 東京都新宿区西新宿1-21-1 明宝ビル6F
URL : https://www.ubiquitous-ai.com/


■投資家の皆様へ
本ニュースリリースは、ユビキタスAIコーポレーションの定性的な業務進捗をお知らせするためのものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。当社業績・経営指標の進捗・予想に関しては、取引所開示情報である、決算短信などをご参照ください。


※本ニュースリリースに記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。
※本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
ネットで招集 ページTOPへ