よくある質問 IRご担当者様へ JI定期読者のメールアドレス登録申請

ジャパニーズインベスターの記事をネットで配信、投資家ネット

ジャパニーズインベスターの記事をネットで配信、投資家ネット

  • HOME
  • プレスリリース一覧
  • ブックオフが「ジャパンサステナブルファッションアライアンス」に賛助会員として参画 リユースのリーディングカンパニーとして、サステナブルファッションによる「ロスゼロ」の理念に賛同
2022/01/14 11:00

ブックオフが「ジャパンサステナブルファッションアライアンス」に賛助会員として参画 リユースのリーディングカンパニーとして、サステナブルファッションによる「ロスゼロ」の理念に賛同

ブックオフグループホールディングス株式会社(本社:神奈川県相模原市、代表取締役社長:堀内 康隆、以下、ブックオフ)は、「ジャパンサステナブルファッションアライアンス(英文名:JAPAN SUSTAINABLE FASHION ALLIANCE 略称:JSFA)」に賛助会員として入会しました。


■ジャパンサステナブルファッションアライアンスについて
ジャパンサステナブルファッションアライアンスは、ファッション産業が自然環境及び社会に与える影響を把握し、ファッション及び繊維業界の共通課題について共同で解決策を導き出し、「適量生産・適量購入・循環利用によるファッションロスゼロ」と「2050年カーボンニュートラル」を目標に、サステナブルなファッション産業への移行を推進することを目的として設立された、企業連携プラットフォームです。

会員企業は定期的に会議を開催し、サステナブルファッションに関する知見の共有、ファッションロスゼロとカーボンニュートラルに向けた協働、生活者との双方向なコミュニケーション、国内外の重要動向の先行把握、業界内の共通課題の改善などのために必要な政策提言を関係省庁に行います。

▽会員企業(2021年11月12日時点)
(正会員企業)
アダストリア、伊藤忠商事、倉敷紡績、ゴールドウイン、鈴木商会、帝人フロンティア、東レ、豊島、丸紅、日本環境設計、福助、ユナイテッドアローズ、YKK
(賛助会員企業)
アシックス、良品計画、crossDs japan、清原、ハイケム、シキボウ、フジックス、日本繊維製品品質技術センター、カケンテストセンター、日本生活協同組合連合会、日華化学、旭化成アドバンス、コーベル、サルト、タカキュー

▽共同代表
伊藤忠商事株式会社、株式会社ゴールドウイン、日本環境設計株式会社(五十音順)

▽パブリックパートナー
経済産業省、環境省、消費者庁

▽設立日
2021年8月3日


■ブックオフの入会目的について
ブックオフが展開するリユース店舗「BOOKOFF」を通じて、年間12百万点以上の中古衣料をお客様よりお売りいただいております。もともと販売よりも「買取」が非常に強いビジネスモデルであり、全ての中古衣料を店舗で販売することはできず、年間5,000トン分を、ブックオフのマレーシア現地法人が営むリユース店舗「Jalan Jalan Japan」での販売や、協力会社を通じて海外輸出、さらにウエスや反毛材など、リサイクルすることで限りなくゴミにしない仕組みを構築しております。

今後も「Jalan Jalan Japan」出店による海外での直販機能の強化を進めていく予定ですが、それでも100%消化することは困難であり、当社がリユースのリーディングカンパニーとして今後も積極的にお客様より買取し、リユース・リサイクルにつなげていくには、これまで以上の新たな取り組みが必要と考えておりました。

その中で、当アライアンスでの他社との情報交換や協業等を通じて、当アライアンスが掲げる「適量生産・適量購入・循環利用」に積極的に取組むことで、当社の課題解決につながり、またそれに伴うリユース事業の積極推進がそのままサステナブルな社会への貢献につながるのではないかと考えております。

なお、会員企業は以下にコミットし、本アライアンスを通じてサステナブルなファッション産業の実現に向けて取り組んでまいります。

(コミットメント)
1. パリ協定に賛同し、脱炭素型へのビジネスの移行を促進する。(逆行する事業については脱却に努める)
2. 2050年迄のネットゼロ宣言やRE100、EP100、EV100等への参加に努める。
3. サプライヤー・顧客に働きかけ、バリューチェーン全体の透明化に努める。
4. 適量生産・適量購入・循環利用を推進する。
5. コンソーシアムアライアンスの一員として、政策関与やサステナブルファッションの協働に賛同・協力する。


■国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」への取り組み
ブックオフは、国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」に賛同しています。その中でも今回の取り組みは「SDGs12 つくる責任 つかう責任」の目標において非常に重要な役割を担っております。循環型社会のプラットフォームになることはもちろんですが、「BOOKOFFでものを売る、BOOKOFFでものを買う」というシンプルな行動が、「新たなものを作り出さず、使えるものの寿命を伸ばしている」という、「社会にとって価値ある行動を取ること」につながります。ブックオフグループは今後もSDGsを通して、持続可能な循環型社会への取り組みを強化してまいります。


■会社情報
会社名 : ブックオフグループホールディングス株式会社
本社 : 神奈川県相模原市南区古淵2-14-20
事業内容 : 書籍、パッケージメディア、アパレル等の
総合リユース事業を運営する
ブックオフコーポレーション株式会社をはじめとする
グループ会社の経営管理及びそれに付帯する業務
代表取締役社長 : 堀内 康隆
上場市場 : 東京証券取引所市場第一部(証券コード:9278)
サービスサイト : https://www.bookoff.co.jp/
コーポレートサイト: https://www.bookoffgroup.co.jp/index.html


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
ネットで招集 ページTOPへ