よくある質問 IRご担当者様へ JI定期読者のメールアドレス登録申請

ジャパニーズインベスターの記事をネットで配信、投資家ネット

ジャパニーズインベスターの記事をネットで配信、投資家ネット

  • HOME
  • プレスリリース一覧
  • EIZO、10点マルチタッチ対応、細やかなペン入力が可能な23型ワイドの電子カルテ画像表示モニターを発売
2022/06/23 16:00

EIZO、10点マルチタッチ対応、細やかなペン入力が可能な23型ワイドの電子カルテ画像表示モニターを発売

EIZO、10点マルチタッチ対応、細やかなペン入力が可能な23型ワイドの電子カルテ画像表示モニターを発売

RadiForce MS236WT-A

EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、マルチタッチに対応した23型ワイドの電子カルテ画像表示モニター「RadiForce MS236WT-A」を2022年7月20日に発売します。価格はオープン価格※です。
※オープン価格の製品は標準価格を定めていません。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/314887/LL_img_314887_1.jpg
RadiForce MS236WT-A

1. 概要
「RadiForce MS236WT-A」は、2017年から販売している23型タッチパネル装着の電子カルテ画像表示モニター「RadiForce MS236WT」の後継機種です。基本性能を踏襲し、搭載映像入力端子をDVIから、より汎用性の高いHDMIに変更しました。


2. 主な特長
<前機種を踏襲する特長>
■投影型静電容量(PCAP)方式のタッチパネルモニター
10点までの同時タッチに対応し、ドラッグ・フリックなどのスライド動作がしやすく、耐久性に優れています。指でのタッチ操作に加え、スタイラスペンを使った入力に対応し、電子カルテ上に文字やシェーマ(図式)の細やかな入力が可能です。

■簡易DICOMモード搭載
簡易DICOMモードを搭載し、放射線画像などDICOM Part 14形式で保存されている医用画像データを適切な階調で表示します。

■手の側面を付いて操作した際に、指やペン以外の接触面でのタッチ動作を無効にする機能を搭載
■斜めから見ても見やすいIPSパネルの採用
■ベゼルに凹凸がないフルフラットデザイン
■広範囲にチルト角度を調整できるレイドバックスタンドの採用
■タッチ操作音が聞き取りやすいステレオスピーカーを内蔵
■長期3年間保証


<前機種からの変更点>
■入力端子にDisplayPort、HDMI、D-Sub 15ピン(ミニ)の3系統を搭載
■映像信号ケーブルにDisplayPortとHDMIケーブルを付属

> RadiForce MS236WT-A製品ページ
https://www.eizo.co.jp/products/radiforce/ms236wt-a/


本製品は医療機器ではありません。EIZO、EIZOロゴ、RadiForceはEIZO株式会社の日本およびその他の国における登録商標です。

Copyright (C) 2022 EIZO Corporation. All rights reserved.


【お客様からのお問合せ先】
EIZO株式会社 ヘルスケア営業部
TEL : 03-5764-3403
Webサイト: https://www.eizo.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
ネットで招集 ページTOPへ