よくある質問 IRご担当者様へ JI定期読者のメールアドレス登録申請

ジャパニーズインベスターの記事をネットで配信、投資家ネット

ジャパニーズインベスターの記事をネットで配信、投資家ネット

  • HOME
  • プレスリリース一覧
  • 猛暑日が厳しい夏、大変な家事と言えば庭掃除 地域住民同士のマッチングサービスでは“心の通う草むしり”に需要
2022/08/05 15:45

猛暑日が厳しい夏、大変な家事と言えば庭掃除 地域住民同士のマッチングサービスでは“心の通う草むしり”に需要

猛暑日が厳しい夏、大変な家事と言えば庭掃除 地域住民同士のマッチングサービスでは“心の通う草むしり”に需要

ソーシャルメイトが草むしりに奔走している様子

合同会社iki-iki(本社:神奈川県横浜市、代表:大場 航期)の地域住民同士のマッチングサービスには、今夏も草むしりの依頼がありました。庭を通して交流した地域住民の声を公開します。


【夏!家事のお悩みの1つは庭掃除】
近年よく耳にするようになった猛暑日。異例の早さでの梅雨明けとなった今年は、6月から熱中症への危険が呼び掛けられました。特に高齢者や子ども、持病のある人などは熱中症にかかりやすいため、まだまだ注意が必要です。そんな猛暑の中でも、すくすくと育つのが雑草です。庭のある住宅に住む高齢者にとって、屋外作業となる庭掃除は、日常の困りごとの1つでもあります。庭掃除は便利屋さんなどのプロへ依頼することも多い家事の1つですが、地域住民同士が助け合うマッチングサービスの「iki-iki」にも依頼があります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/320877/LL_img_320877_1.jpg
ソーシャルメイトが草むしりに奔走している様子

【求めるのは、技より“繋がり”】
今年も、藤沢市の「iki-iki」に、庭掃除が大変と感じている60代の女性や80代の女性などから、草むしりの依頼が来ました。依頼者である60代女性は「様々な業者がある中で、iki-ikiは幅広く何でもやってもらえるところが魅力です。iki-ikiにお願いをして、これまでに藤沢市に住む3人の方が来てくれました。毎回、皆さん嫌な顔せず丁寧に対応してくれます。地元の方が来てくれるのは、ご縁にもなるし、地域内で繋がりができることもとても良いと感じています。」実際に庭掃除の最中も、サービスを提供するソーシャルメイトとの会話が弾んでいました。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/320877/LL_img_320877_2.jpg
依頼者さんと会話しながら草むしりを進めている様子

「iki-iki」の利用方法は高齢者でも使いやすいよう、電話一本又は規定のフォームから、1時間1,500円+実費のみで依頼できる仕組みです。安く気軽に依頼でき、コミュニケーションがあることで“ほっとする困りごと解決”を提供しています。依頼する側も助ける側も同じ地域の住民同士ということで絆ができ、リピートしてくれる依頼者さんばかりです。「iki-iki」は、地域住民の繋がりを生むサービスとして注目され、国土交通省の国土交通政策研究所「高齢者の地域居住に資する生活支援サービスに関する調査研究」の優れた事例として選定、シニアライフ総研(R)「ビジネスアワード2020」ビジネスモデル賞も受賞しています。


【“繋がり”を求めているのは利用者だけではない!】
困りごと解決を提供するソーシャルメイトも「iki-iki」での活動を大切に思っています。ソーシャルメイトは、普段の仕事とは別に地域貢献をしたい方や隙間時間に働きたい子育てママ、障害があっても社会貢献したい方など様々で、創設者とのオンライン面談により登録、就労可能となります。皆さん、プロの技がなくても、地域住民の役に立ちたいという気持ちのある方が登録しています。

今回、草むしりを行った、普段は別の仕事をしているソーシャルメイトの30代男性は「僕らの世代では普通にできる作業内容ですが、高齢の方からするとかなり重労働だろうと思います。普段体を動かす仕事をしていないので、いい運動にもなりました。今回だけでなく、毎回ご依頼いただいた方からものすごく感謝してもらえ、ソーシャルメイトになって良かったです」。依頼者の老夫婦へ、お部屋の掃除、お買い物代行など様々なことを行っている40代の子育てママは「体が不自由なおじいちゃんに、おばあちゃんを助けてくれてありがとうと涙ながらに言っていただき、ソーシャルメイトの活動をしていて良かったと感じました。
これからも利用者さんが大切にしていることを、私も大切にしながら、地域に住む方々の困りごと解決のお手伝いをしていきたいです。」

「iki-iki」は、全国71の地域で導入が決定しており、サービス範囲は緊急事態宣言が完全に解除された2021年10月から4倍に拡大しています。創設者の大場 航期は、「確実に来る超高齢化社会の課題解決には、地域住民の支え合いや助け合いが必要不可欠だと考え、このサービスを創設しました。iki-ikiを多くの方に利用いただき、地域の人同士の支え合いを深め、助け合える仕組みの一助になれば嬉しく思います。」

「iki-iki」サービス詳細= https://www.iki-iki-life.jp/


《iki-ikiご利用概要》
■ご利用方法
・ご利用可能地域:71市区町村(2022年7月1日現在)
詳細= https://www.iki-iki-life.jp/area
・利用料金 :1,500円/1時間+実費 ※現金支払い
・利用申し込み :フリーダイヤル0800-808-0803(携帯電話からも可)
専用フォーム= https://www.iki-iki-life.jp/ 「サポート依頼」
※年中無休(特定日除く)、9時~17時までの受付

■ソーシャルメイト登録
・報酬:基本報酬 1,200円/1時間 延長報酬 600円/30分 交通費実費
・こちら( https://www.iki-iki-life.jp/entry )から登録


【会社概要】
会社名 : 合同会社iki-iki
代表 : 大場 航期
本社 : 〒220-0001 神奈川県横浜市西区北軽井沢1番地54
事業内容: 超高齢化社会や地域を支えるプラットフォーム
「みんなで支えるライフサポートサービスiki-iki」の
インフラ整備と藤沢市での運用、他都市へのフランチャイズ展開。
URL : https://www.iki-iki-life.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
ネットで招集 ページTOPへ